引越費用が節約できる物件|賃貸ならデザイナーズが人気|住みたいが見つかる

賃貸ならデザイナーズが人気|住みたいが見つかる

メンズ

引越費用が節約できる物件

インテリア

新生活はお金がかかるもの

賃貸住宅に入居する時は、敷金・礼金・仲介手数料など多額の初期費用がかかります。その相場は地域ごとに差がありますが、平均すると家賃の6か月分程度です。もちろんこれに加えて、家財道具を買い揃える費用や引越費用も必要です。ところが最近、こうした初期費用が通常より少なくて済む賃貸物件が増えてきています。礼金ゼロ物件、仲介手数料無料物件などというのがそれで、入居者にとっては非常に助かる存在です。中でも若い人を中心に人気なのが、家具家電付き賃貸と呼ばれる物件です。家具家電付き賃貸は、その名の通り生活に必要な家具や家電製品が住戸に備え付けになっているアパートやマンションのことです。費用の節約はもちろん、引越作業も楽になるとして評判を呼んでいます。

荷物を持たずにすぐ入居

家具家電付き賃貸は、欧米などではずっと以前から普及していましたが、わが国では人の移動がそれほど頻繁ではなかったことからあまりポピュラーではありませんでした。しかし広域転勤を頻繁に行うビジネスマンや短期滞在の外国人などが多くなったことから、近年急速に物件数を増やしています。備え付けられている家財道具は物件ごとにまちまちですが、おおむね共通するのはベッド・椅子・テーブル・ソファ・電子レンジ・冷蔵庫・テレビ・エアコンといったところです。ほとんど手ぶらで引越してきてもその日から新生活が始められる程度のものが揃っています。家具家電付き賃貸は通常の物件に比べると家賃が若干高めなのが一般的です。部屋探しをする際は、入居予定期間を考慮して一番お得な利用法を選択するのが賢明です。